blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
どんなレンズを持って行くべきか?
アンノッティングの愉しみ | comments(0)

 

埼玉県川越市に一週間ほど滞在し、蔵造りの町並みで知られる川越市街を中心にアンノッティングおよびディスペリングを楽しんだ。その間に撮影した写真32枚をInstagramに投稿した。撮影に使用したのはAF-S NIKKOR 18-200mmというズームレンズ(旧型)を装着したNikon D5300であった。

 

このズームレンズは560gもの重量がある。最近使い始めたハクバのカメラホルスターのおかげで携行し易くなりはしたものの、川越滞在中はその重量に起因する肩こりに悩まされていた。

 

上のグラフは、Instagramに投稿した写真を撮影した際に、レンズの焦点距離をどのようにセットしていたかを表したものである。私の場合、50mmを越える焦点距離で撮影していたのはわずか3点であったことがわかる。

 

このグラフが私の撮影スタイルの一側面を表しているとすれば、今後はもっと軽いレンズ、たとえば18-55mmを持って行けば十分なのではないか、と思い始めているのだがどうだろう。