blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
複数の自転車・部品の情報を管理する
Bucephalas Users' Guide | comments(0)

概要

 Bucephalasとの旅に複数の自転車を使用している場合、それぞれの自転車専用の走行距離計(オドメーター・積算距離計)を設定できます。自転車毎の走行距離を個別に管理できます。

 

 また、自転車本体だけでなく、自転車の部品固有の走行距離計も設定可能です。これは、走行距離を基準とした部品管理をするための機能です。

 例えば、タイヤを交換したときに専用の距離計をセットすれば、メーカーが交換を推奨する走行距離に達したかどうかを判断できます。

 なお、走行距離の記録は、Bucephalasが認識した移動手段が自転車の場合に限られます。認識された移動手段が、車両や徒歩、ランニングの場合には、走行距離の加算を行いません。

 

自転車管理情報の表示

 自転車管理情報は、旅の概要ビューで見ることができます。

 

 

 旅の概要ビューを開くには、地図ビューの右下にあるボタンをタップしてください。ボタンのアイコンは、使用状況によって異なります。

 

 

 画面が表示されたとき、他のタブが選択されていた場合は、画面右下のアイコン(1)をタップしてください。

 

 自転車の情報は、旅の概要ビューの一番下にあります。画面をスクロールさせるか、右上の自転車アイコン(2)をタップしてください。

 

自転車情報の登録

 自転車の名前を(3)に記入して下さい。この名前は旅の過程で読み上げられることがあるので、iOSが自然に読める名前を推奨します。

 うまく読み上げできない場合は、iPhoneの設定アプリを開いて、適切な「読みかた」の登録を行うことが可能です。

 

 自転車の走行距離は(4)に表示されます。本機能を使用開始する時点で既に走行距離の記録がある場合、その値を初期値として設定できます。(5)をタップしたときに表示されるUIを使って下さい。

 走行距離の記録開始日時を変更したい場合は、(6)をタップし、表示されたUIを使って下さい。

 

部品情報の登録

 走行距離によって管理したい部品の名称やメモを(7)に記入して下さい。

 

 

 (8)に表示される走行距離の初期値を変えたい場合は(9)をタップし、表示されたUIを使って下さい。当該部品を交換したので、走行距離の記録をリセットしたいといった場合にも(9)をタップしてください。 

 

 自転車部品は、途中で取り外すこともあると思います。その様な場合には、(10)のポーズボタンをタップして下さい。もう一度タップすると記録を再開します。

 

 記録開始時刻を変更したい場合は(11)をタップしてください。

 

 部品を追加したい場合は(12)をタップして下さい。また、部品の情報を削除したい場合は、当該部品の行を左に向かってスワイプしてください。

 

自転車の追加と切り替え

 自転車を追加したい場合は(13)をタップしてください。自転車の情報を削除したい場合は、当該自転車の行を左に向かってスワイプしてください。部品の情報と共に情報が削除されます。

 

 

 特定のセッションで使用する自転車を切り替えるには(14)をタップして選択してください。地図ビューの移動手段選択UIから自転車を切り替えることもできます。

 

 

 

 

 




コメント