blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
アクティビティタイプ(移動手段・活動状態)の認識
Bucephalas Users' Guide | comments(0)

概要

Bucephalasは、現在のアクティビティタイプ(移動手段や活動状態)を認識(推定)する機能を持ちます。

アクティビティタイプは、以下の5つです。

  1. 車両 (Automotive)
  2. 自転車 (Cycling)
  3. ランニング (Running)
  4. 徒歩 (Walking)
  5. 停止 (Stationary)

 

 

認識されたアクティビティタイプは、地図ビューの右下にあるACTラベルに表示されます。

 

※このラベルにはセッション時間 (ST) 、位置情報更新回数 (DUL) が表示されることがあります。このラベルをタップする度に表示内容が切り替わります。

 

アクティビティタイプに応じた処理

身体活動量の推定

アクティビティタイプが車両の場合は、自力で移動しているわけでは無いので、移動に伴う身体活動量の累積記録を行いません

 

自転車の移動距離の記録

当然ながら、自転車(本体および部品)の距離計の積算が行われるのは、アクティビティタイプが自転車の場合のみです。

 

主たる移動手段との関係

自転車・徒歩に設定した場合

全てのアクティビティタイプが認識されます。

ただし、車両での移動を認識した場合には、主たる移動手段が車両に変更されます。

 

車両に設定した場合

自転車での移動を認識しません。

 




コメント