blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
正面から見たモナリザの顔を作る
平均顔 | comments(0)

平均顔アプリで、正面から見たモナリザの顔を作ってみました。
上の画像は、試行錯誤の果てに辿り着いた一つの結果なのですが、辛うじてモナリザの正面顔に見える、といったところでしょうか。どうやら斜め向きの顔を加工して、自然な正面顔を作るのは
とても難しいみたいです。
こちらがオリジナルのモナリザです。顔が向かって左を向いています。
これをまず平均顔アプリで読み込みます。マーカーの配置は、通常の平均顔を作る場合と同じ様に行います。モナリザには眉毛がありませんので、「PRO」モードは使わず、「眼の輪郭」モードで行います。
 
もう一度モナリザを読み込んで、「鏡像」ボタンをタップすると、顔が右を向いたモナリザになります。最初の顔と同じ様にマーカーを配置していきます。配置が終わったら「平均化」ボタンをタップして合成します。
 
オリジナルのモナリザと、鏡の世界のモナリザの平均顔ができました。これを平均顔Aと呼ぶことにします。
できあがる顔は左右対称になるので、斜め横を向いていた顔が、正面を向いた様に見えます。
しかし、なんだか奇妙な顔で、モナリザが正面を向いたとしても、こんな顔だとは思いたくありません。
とは言え、これはマシな方なのです。
 
下の平均顔は別の作例ですが、こちらは奇相と言って良いと思います。マーカーの配置方法を微調整して、さんざん手間を掛けた結果たどり着いたのが、上の平均顔Aなのです。

 
ちょっと発想を変えて、下の図のようにマーカーを配置してみました。

 
その結果としてできあがったのが下にある平均顔です。これを平均顔Bとします。

 
平均顔Aが下ぶくれ気味なのに対して、平均顔Bは頭の方が広がっています。
ならば、この二つの平均顔を平均化するとちょうど良いバランスになるのではないかと思ってやってみたのが、この記事の最初にある顔だったのです。平均顔として作った二つの画像をiPhoneのフォトライブラリに保存。それをもう一度アプリで読み込んで、マーカーを配置し、二つの平均顔の平均顔を作ったということです。

 

平均顔[Average Face]』のダウンロードはApp Storeで
平均顔 (Mobile Psych Lab • Room 04) - p < .05




コメント