blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
Bromptonのタヅナを作り直す
自転車/Brompton/輪行 | comments(2)

ブロンプトンのキャリアブロックの下に手を伸ばさなくても、楽にレバーを引けるようにと取り付けた自作の手綱(タヅナ)。しかし、細いスエードの紐は、あっという間にちぎれてしまいました。これを作り直してみたいと思います。



手芸用品店で購入した天然ヌメ革紐と、紐止め金具。
革紐の方は幅5mm。長さ1mで600円程度でした。紐止め金具の方は、6mmとなっています。



この革紐をそのままキャリアブロックのレバーにある穴に通し、輪っかにしてしまおうというプランです。
まずは革紐を35cmの長さに切りました。
そして、ブロンプトンに取り付ける前に、防水スプレーを塗布。アメダスという製品が我が家にあったので、それを使うことにしました。



革紐の両端を少し重ねるようにして輪っかにしたら、紐止め金具で固定します。
ただし、この加工作業を実際に行うのは、革紐をキャリアブロックのレバーにある穴に通してからです。二つの金具の間に、レバーが入ることになります。


加工が終わったところ。ちょっと曲がってしまいました。
紐止め金具がレバーの穴より大きいので、手綱の位置はこれで固定されることになります。



横から見るとこんな感じ。室内で撮影しているので背景が洋服ダンスです。

今回使用した革紐は、前回に比べるとずっと丈夫なので、簡単には切れそうにありません。
しかし、もし何か問題が生じるとしたら、紐止め金具の部分でしょうか。強度がやや不足しているようにも思えますが、とりあえずこれで使ってみたいと思います。


 




コメント
from: Seyama   2013/11/25 2:48 PM
まきすけさん、ぜひともドロッセルお嬢様に似合うタヅナを作ってみてください。ソフト99は私もときどきチェックしています。しかし当方ブリティッシュグリーンなので、ソフト99だとどのペイントを使えば良いものやら、迷っております。
from: まきすけ   2013/11/25 2:09 PM
いいですねぇ、手綱。
私も作ってみようと思いました。

今年の冬は、色々とやることがありそうです。
(オフシーズンの間にBROMPTONの傷の修理をしたいと、今ソフト99の車の傷修理の動画を見まくっております。)