blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
図形問題への対策として「パイかけ」に着手しました
小学生ライフマネージャ | comments(0)
娘の計算能力の向上。
これが我が家における目下の重要ミッションの一つです。
ミッション遂行の一環として、円周率のかけ算の暗記「パイかけ」に着手しました。




小学校の算数では、円周率を3.14として教えるわけです。3.141592653589793....ではないのですよね(16桁までは暗記しています)。
算数の図形問題では、3.14とのかけ算が繰り返し現れることになるのですが、我が娘はその計算が妙に遅く、しかもミスが多いのです。

そこで、かけ算九九を暗記したのと同じ様に、3.14と一桁の整数のかけ算を、暗記してしまったらどうだろうか、と思いつきました。我が家における通称は「パイかけ」。0、1とのかけ算は覚えるまでもないので、実際には2から9までの8通りを覚えればいいわけです。

図形問題を解くときの計算は、3.14と二桁以上の数値とのかけ算になることがほとんどだと思います。「パイかけ」だけでは対応できないので筆算をすることになりますが、それぞれの桁の計算については、「パイかけ」を覚えておけば一瞬で答えが書けます。その分、計算スピードが上がるのではないかと期待しています。

手始めに、それぞれのパイかけの語呂合わせを娘に考えてもらうことにしました。九九の場合だったら、8×8=64を「葉っぱ虫」で覚えたりしますよね。あれと同じ発想です。例えば、3.14 x 7 = 23.98だったら「兄さんくたばれ」です。23を「兄さん」で置き換えるのは、あまり良い語呂合わせではありませんが、まさか213.98と覚えたりはしないでしょうからこれを採用しました。

小学生ライフマネージャには、「パイかけ」の暗記を特別任務の一つとして登録することにしました。任務達成の暁には何ポイントくらいもらえることにしたら良いでしょう?

しかし「パイかけ」戦術にはデメリットがあります。もしこれを間違って暗記してしまったとすると、余計なミスを誘発することになるのですよね。
 
  Pupil Life Manager - p < .05
小学生ライフマネージャのダウンロードはApp Storeで。




コメント