blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
地図を操作する:Unknottingの使い方
Unknotting Users' Guide | comments(0)


Unknottingが利用しているのは、Apple社の地図です。
ズームイン・ズームアウトを始めとする操作は、iOSデバイスに最初からインストールされている標準の地図と同じです。
 

ズームインとズームアウト

地図の拡大と縮小は、ノット巡りに出掛ける前のプランニングの段階だけでなく、ノット巡りの最中にも、周辺の状況を確認するために頻繁に行うことになると思います。

  • ピンチアウトとピンチイン
    • 地図に二本指で触れて、指と指の間隔を広げる動作(ピンチアウト)をすれば、ズームインします。ノット周辺の細かい地形を拡大して見たい場合に便利です。
    • 逆に、何かをつまむときのように、指と指の間隔を狭める動作(ピンチイン)をすれば、ズームアウトして、より広い範囲を見ることができます。
  • ダブルタップと二本指タップ
    • 地図上を(一本指で)ダブルタップしてもズームインします。
    • また、二本指で地図上をシングルタップするとズームアウトします。

 

3Dタッチによる操作

バージョン6.4.0以降では、3D Touchの感圧センサーを使って地図をズームイン・アウトさせることができます。地図上の任意の位置をやや強めに押し込むと、3Dタッチによる操作モードが起動します。

 

力を強めたときにズームイン、緩めたときにズームアウトさせることもできますし、その逆の設定にすることもできます。設定・履歴ビューの地図セクションで、好みのスタイルを選択して下さい。

 

操作を終了するときは、指を画面からはなしてください。

 

弱い力で画面を押し続けると、通常の長押しとして判定されてしまい、プローブピンがその位置に刺さることになります。これを回避するには、設定・履歴ビューの地図セクションで、「プローブピンのロック」というスイッチをオンにしてください。

 

※この機能をうまく使うには慣れが必要だと思います。おすすめしたい使用方法は、画面を強く押し込んだときにズームアウトする設定にしておくことです。ズームアウトは画面を押し込んで行い、ズームインは3Dタッチではなく、ダブルタップによって行うのです。

 

地図の回転

通常は、地図の上が北になっていますが、地図を回転させて好きな向きに表示させることもできます。二本指で地図に触れて、そのまま回転させれば、地図の向きが変わります。
地図を回転させると、どちらが北なのかを表すコンパスが画面右上に表示されます。このコンパスをタップすると、地図の向きがリセットされて、北が上の状態に戻ります。
地図の向きをアプリが変更してしまうこともあります。それを元に戻したいときにもコンパスをタップしてみてください。
 

3D View(鳥瞰図)

地図を二本指で触れて、そのまま上へと動かすと(スワイプすると)、地図を3D Viewとして表示させることができます。元に戻したいときは、地図を二本指で触れて下へとスワイプします。
ただし、地図の種類が「衛星写真」になっている場合は3D Viewにはなりません。

地図上に多数の情報が表示されるこのアプリでは、3D Viewを使うとデバイスに高い処理負荷を掛けることになり、アプリの動作が不安定になることもあります。3D Viewを使う必要がない場合には、設定・履歴ビューの地図のセクションで、3D Viewのスイッチをオフにすることをおすすめします。スイッチをオフにしている場合は、二本指スワイプを行っても3D Viewに切り替わりません。

 

コメント