blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
平均顔合成ツール ver. 3.3.0ではマーカーの配置が再確認できます
平均顔 | comments(0)

きれいな平均顔を合成するには、どの顔に対しても同じ様なルールでマーカーを配置していく必要があります。
しかしこれまでは、顔を合成してしまうと、マーカーがどのように配置されていたのかがわからなくなってしまいました。
そこでバージョン3.3.0からは、合成された顔にタッチすると、マーカーの配置が表示されるように変更してみました。


これはフェルメールの真珠の耳飾りの少女と、実在する女性二人の写真との平均顔です。



アプリ上でこの顔にタッチすると、こういうワイヤーフレームが表示されます。ワイヤーフレームの交点にマーカーが配置されています。
これを見ると、頭の上側のマーカーは青いターバンの下側に沿って配置していたことがわかります。向かって右側の輪郭は、耳の近くにマーカーを配置しているのもわかりますね。顔が斜めになっているので、こういった配置を試してみました。

この作例はまだ三つの顔の平均に過ぎません。ここに第四、第五の顔を追加していきたい場合には、同じルールでマーカーを配置していく必要があります。



一方こちらはボブカットヘアの女性の平均顔です。この作例ではどんなふうにマーカーを配置していたでしょうか。

 


頭の上側のマーカーは、ごく普通に頭のラインに沿って配置していたことがわかりますね。
新しく追加する顔も、上の方のマーカーは頭の輪郭沿いに配置しなければなりません。



一方こちらは随分前に作ったネコの平均顔です。
だいぶ前に作ったものなので、どうやってマーカーを配置していたかすっかり忘れてしまっていたのですが…



こんな配置でした。
耳の部分はあえて無視して、顔の輪郭にそってマーカーを配置していたことがわかります。


AKB48の全メンバーの平均顔を作りたい、なんていう場合には一気に作業を終えるのはなかなか難儀です。何日かかけて少しずつ作れば少しは気が楽ですが、前回の作業でマーカーをどうやって配置していたのかが分からなくなってしまうと、せっかくの苦労が台無しになってしまいます。しかし今回のバージョンアップで、そんな心配はいらなくなりました。マーカーの配置を確認しながら美しい平均顔を作ってみて下さい。




コメント