blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
Brompton持って沖縄まで飛行機輪行:保安検査に備える
自転車/Brompton/輪行 | comments(0)
明後日はブロンプトンを持って沖縄まで飛行機輪行の予定です。目的は例によってノット巡りの旅。

前回の沖縄行きでは、飛行機輪行のための特別な準備を一切しない、という試みを行いました。
 
その結果として私が出した結論は、「紙コンテナに入れて貰いさえすれば、特別な準備は不要」です。

でも紙コンテナに入れて貰う前の段階でちょっと不安な点がありました。チェックインカウンターで手続をする前に保安検査機でチェックを受ける必要がありますよね。短いベルトコンベアに乗ってブロンプトンは保安検査機の内部を通過することになりますが、このとき裸の状態のブロンプトンはかなり不安定になっています。もし通過中にブロンプトンが倒れてガッチャーン!となったとしても、それでどうこうなるわけじゃありません。既に他の局面でブロンプトンを何度もコケさせてますしね。でも、ガッチャーン!が避けられるならそれに越したことはありません。


そこで今回は、キャプテンスタッグトートバッグに入れた状態で保安検査機を通すことにしたいと思っています。
おそらく、ブロンプトンオーナーの間では、このトートバッグが折り畳んだブロンプトンを収納するのに丁度良いサイズだというのは有名な話だと思います。写真はそのトートバッグなんですが、底に段ボールを仕込みました。これで底面をフラットな状態にして、安定性を高めたつもりです。ブロンプトンを裸の状態で保安検査機に通すよりも、ガッシャーンとやってしまう確率はだいぶ低くなることでしょう。

キャプテンスタッグのトートバッグは小さく折り畳むことが難しいので、電車輪行の場合はできれば使いたくありません。しかし飛行機輪行での遠出の旅となると、そもそも他にもわんさか荷物があるし、旅先でこのトートバッグを常に携行するわけではありませんから。

「飛行機輪行?ああ、しょっちゅうやってるよ。準備?別に何も」

みたいに言えると旅慣れてる感じがして格好いいんですが、今回はトートバッグ持っていきます。

あとは手荷物カウンターで恥ずかしがらずに「紙コンテナに入れて下さい」って頼むことができれば完璧です。


 




コメント