blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
Unknottingの画面構成
Unknotting Users' Guide | comments(0)

  1. プレイヤーの座標を表す。精度が不足している場合は赤文字となる。タップすると表示形式が変わる。
  2. 座標の測定精度を表す。進行方向とコンパスが示す前方の間に食い違いがある場合、例えば「CE +20.3」のように表示される。CEはCompass Errorの略。
  3. プレイヤーの高度を表す。高度が得られていない場合は----と表示。
  4. プレイヤーの移動速度を表す。単位はkm/hだけでなくmphも選択可能。
  5. コンパス。タップすると画面上が北となる。
  6. ほどいたノットのマーク。
  7. ほどいたゴーディアンノットのマーク。
  8. 1/60度(1分)おきに引かれた緯線と経線。
  9. コールアウト上のハンバーガーアイコンをタップすると、各種機能のメニューが表示される。※バージョン6以降では、右側に経路探索ボタン、左側にハンバーガーアイコンが表示されるようになった。
  10. プレイヤー近傍のノットには緑のピンが立つ。ゴーディアンノットではオレンジ色で表示。任意の場所を長押しすると、プローブピンが立つ。
  11. 経路探索の結果を表す青い線。到達可能性基準を満たしていない場合は破線となる。
  12. プレイヤーの位置を表す。
  13. 音声フィードバックの内容を文字でも表示。
  14. プレイヤーが現在いる都市名を表示。
  15. 前回ノットをほどいてからの経過時間METを表す。ノット数が増えると、直下にMETの平均値も表示される。
  16. 補助情報表示器群。積算移動距離 (odo)、オートズーム (Auto Zoom) の利用可能状態、クラスタリングを利用した地図表示が可能かどうか (Clustering)、経路長 (PL)、状況報告時の12時の方向推定方法 (Compass/Course/Gyro)を表す。
  17. 主要ボタン群。


  1. 半径50m有効円。この内部に進入するとノットをほどくことができる。ゴーディアンノットも同様。
  2. プレイヤーの移動痕。30秒間隔で記録される。適宜消去可能。
  3. 過去に行った経路探索の結果は淡色で表示される。適宜消去可能。


  1. ノットをほどいてから24時間は、その周囲に円形または四角形が表示される。円形は、そのノットを初めてほどいたことを表し、四角形は再訪であることを表す(四角形の表示はバージョン4.3.0以降)。また、同じノットを再訪する度に、マークの色が赤→青→黄色→ピンク色→緑色に変化する。6回目の訪問で赤に戻り、以後、同じ順で色の変化を繰り返す。




コメント