blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
iPhoneが機内モードでも飛行中の座標は(本当に)取得可能【1】
Bucephalasとの旅 | comments(0)
iPhoneを機内モードに設定

iPhoneのGPSは、機内モードに設定していても使うことができます(iOS8.3以降)。しかし、飛行機の中ではGPSの信号を受信しづらい状態になっているでしょうし、高度や移動速度が、アプリを地上で使っているときとはまるで違います。そういった条件の違いがある中で、位置情報を利用するアプリは使い物になるのでしょうか?静岡空港から那覇空港に向かう飛行機に乗った際に、そのことを確かめることができました。




静岡空港の搭乗待合室。ゴルディアスの結び目(アプリ)を立ち上げると、当然ながら待合室の座標がきちんと取得できます。画面上部のステータスバーを見れば、この時点では私のiPhoneが機内モードになっていないことがわかると思います。




搭乗に備えてiPhoneを機内モードに設定しました。ステータスバーからはキャリア名(私の場合Softbank)と受信状態の表示が消えて、飛行機のアイコンが表示されています。しかし依然としてGPSによる測位が行われています。




いよいよ離陸です。以前の規定では、機内モードであっても、この時点でiPhoneの電源をオフにするように要求されていました。このままアプリを立ち上げておけば、理屈の上ではノットをほどけるはずですが…?




コメント