blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
【β】Dispelling modeの実験 (1)
アンノッティングの考察 | comments(0)

 

地図上に大量の四角形を貼り付けたらどうなるかを実験している。

今回試してみたのは、四角形の一辺が10秒のサイズで、これを東西に5分、南北にも5分の範囲に貼り付けてみるという内容であった。もちろん、10秒とか5分というのは、緯度経度の座標表現でいうところの秒と分のことである。

 

上の画像はシミュレータのものであるが、実機(iPhone7)で試してみたところ、アプリの動作があきらかにギクシャクすることがわかった。同じ事をiPhone5などの旧機種で行ったならば、更にひどい状態になるであろう。

 

四角形の内部は黒色のべた塗りで、周辺にはグレーの輪郭を付けている。この輪郭部分を表示しないようにすれば処理負荷を減らせるのではないかと思ったのであるが、顕著な効果は認められなかった。

 




コメント