blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
いい壁 (1)
自転車のある風景 | comments(0)

 ポタリング中に魅力的な壁を見つけると、そこに自転車を駐めて写真を撮ってみようというモティベーションが生まれる。ただし、ここで言う「壁」とは、路面と垂直な平面構造全般のことである。文字通りの壁や塀だけでなく、大型の扉なども含まれる。積み上げられた建築資材、ずらりと並んだ自動販売機、密生した植物が作る面構造といったものも「壁」である。

 

 「いい壁」の構図で最も単純なのは、自転車を壁に立てかけるように駐輪し、少し離れた場所でカメラを構えて壁を真っ正面から捉えるというものであろう。自転車と壁の比率、自転車の位置と向き、自転車の全体を画面に入れるか一部を切るか、といったあたりが、構図に変化を持たせるための変数として思いつく。