blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
摂取カロリーを入力する
Bucephalas Users' Guide | comments(0)

概要

ダイエット中にもかかわらず間食を摂ってしまったら、その分のカロリーを消費したいと思うはずです。Bucephalasは、そのような場合の健康管理支援機能を有しています。摂取した食品のカロリーをBucephalasに入力すると、それ以降に行われた身体活動によって、摂取カロリーがどれだけ消費されたのかを確認することができます。

 

前提条件

消費カロリーを計算するには、あなたの体重データが必要です。Bucephalasはヘルスケアアプリから体重のデータを取得するので、あらかじめヘルスケアアプリに体重を入力しておいてください。一度も体重データをBucephalasに取り込んだことが無い場合は、画面右下の機能メニューから「♥体重データを取得」を選んで初回の取り込みを行ってください。

 

表示を切り替える


消費されていない摂取カロリーを表示するには、情報表示ラベルの内容をMETs•Hourに切り替えてください。上の図の例では、身体活動量13.84の下に、353.90 kcalがまだ消費されずに残っていることを示しています。

 

 

もし情報表示ラベルの内容がMETs•Hourでない場合には、ラベル右端 にある縦長の線を何度かタップして表示内容を切り替えてください。

 

なお、消費カロリーの表示は、通常ではアプリを起動してからの総消費量を表しており、時間と共に数値は増えていきます。右端には[tota]と表示されます。摂取カロリーの消費状態を表している場合は、時間と共に数値は減っていきます。右端には[eaten]と表示されます。

 

摂取カロリーを入力する

METs時が表示された状態で縦長の線に触れ、少し離れた所で指を離すと、下の図のようなメニューが表示されます。縦長の線に触れてから、そのまま指を左側になぞるように動かして、画面から離すという手順が使いやすいと思います。

 

 

メニューから「摂取カロリー」を選ぶと、入力UIが表示されます。カロリーの値を入力したらSETを選んで確定してください。入力した摂取カロリーが画面に表示され、徐々に減算されていきます。摂取カロリーが消費され尽くすと、表示内容は総消費カロリー[total]に戻ります。