blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
GPSのオンオフとバッテリーの節約
Unknotting Users' Guide | comments(0)

ノットをほどくには現在位置を測定する必要がある

ノットをほどくには、GPSをオンにし、現在地の座標を測定する必要があります。
アプリを起動した直後にはGPSがオンになっています。
 

GPSがオンの状態の画面表示

GPSがオンの状態では、画面上部に、緯度と経度で表される現在地の座標 (1)、座標の測定精度 (2)、高度 (3)、移動速度 (4)が表示されます。また、地図上には、プレイヤーの位置を表す青いドット (12)が表示されます。
 

バッテリーを節約する・その1

GPSはiOSデバイスのバッテリーを急速に消耗させます。バッテリー残量を節約する必要がある場合は、GPSをオフにしてください。
GPSをオンにしたりオフにしたりする場合は、画面下部の主要ボタン群 (18)の左端にあるボタンをタップします。GPSをオフにすると、プレイヤーの位置を表す青いドットは、ドッペルゲンガーピンに変わります。
 

バッテリーを節約する・その2

iOSデバイスは、しばらく何も操作が行われないと、画面を自動的に暗くしてバッテリーを節約してくれます(スリープ・ロック状態)。しかし、ゴルディアスの結び目アプリを使っている間は、この機能が無効となります。画面は自動的には暗くなりません。ノットまでのナビゲーションを行うためには、画面を長時間表示し続ける必要があるからです。バッテリーを可能な限り節約したい場合は、iPhoneのスリープボタンを押して、手動でロック・スリープ状態にしてください。
 

バッテリーを節約する・その3

履歴・設定画面の地図設定セクションで、自動節電機能をオンにすると、デバイスの画面が下向きになっている(地面を向いている)間、画面を自動的に暗くします。画面が暗くなっている間もGPSは動き続けていますので大した節電効果は期待できませんが、画面を発光させていない分だけ、わずかながら節電できます。
 

GPSが自動的にオフになる場合

主要ボタン群 (18)の右端にあるボタンをタップすると、設定・履歴画面が表示されます。設定・履歴画面が表示されている間は、GPSが自動的にオフとなります。その間、ノットをほどくことはできません。