blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
Unknottingバージョン7.3.0の変更点
バージョンアップ履歴 | comments(0)

(1) iPhoneのコンパスは旅の途中で大きな誤差を生じることが多いため、これを極力使わないことにしました。方位推定の際には、移動方位(ベクター)とジャイロを使うことにしたところ、現時点では十分な実用性を実現できています。方位情報の初期化の際など、コンパスを使わざるを得ない場合にのみコンパスを使用します。

(2) デバイスをポケットに入れているかどうかの判定ロジックを変更しました。

(3) Dispelling modeでの処理負荷が高まっている場合には、警告を表示するようにしました。

 

(4) 位置情報に依存しない機能は、ピンから呼び出すのではなく、別途メニューボタンを用意することにしました。メニューボタンは、画面右下に配置されます。これに伴い、「設定・履歴ビュー遷移ボタン」は画面右上に(小さく)配置されます。

(5) 地図検索をキャンセルした場合にはトラッキングモードを検索前の状態に戻すようにしました。

(6) 実効速度の推定アルゴリズムを変更しました。

 

(7) 道案内読み上げの際に、現在案内中の経路区間の終端点を強調表示するようにしました。多くの場合、次に右左折する交差点の位置が表示されます。強調表示のためのマークのデザインはもうちょっと何とかならんものかね、と思っています。

 

 

(8) 設定・履歴ビューの適応的方位推定セクションの説明文を変更しました。

(9) 新規に取得した位置情報が実は古いもの(キャッシュされていたもの)かどうかの判定を、従来は3秒より前としていたのを、30秒より前に変更。

(10) バックグラウンドでも位置情報を安定して取得するには、位置情報サービスの認証設定を「常に許可」にする必要があります。認証設定が「使用中のみ」や「許可しない」になっている場合には警告を表示するようにしました。

(11) 方角誤差手動補正を行った場合、コンパスとの誤差をすぐに表示するようにしました。

(12) 消去したはずの移動痕が、次にアプリを起動したときに復活してしまうことがあったので、しっかり消すようにしました。

(13) アプリを起動してからの積算距離を、クラッシュしたときに引き継ぐ仕組みはiOSの仕様上安定して動作しないことがわかったので、これを廃止します。別の方法を思いついたらまた組み込んでみます。

(14) 経路概観中はモノアイを表示しない方が誤解が少なくて良いと思ったので表示しないようにしました。

(15) 画面上のピンを地図からまとめて引っこ抜く機能を追加しました(緑のピンを除く)。この機能はメニューボタンから呼び出すことができます。

(16) 回想モードのBGMは、アプリに組み込みの曲ではなく、メディアライブラリから再生するように変更しました。

(17) 地図のトラッキングモードを「トラッキングなし」に変更したとき、方角推定関連パラメータをリセットしないようにしました。位置情報サービスをオフにしたときはリセットされます。

(18) 積算距離計(odo)が異常値で上書きされてしまうのを防ぐ仕組みを導入しました。