blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
ゴルディアスの結び目バージョン4.2.0の変更点
バージョンアップ履歴 | comments(0)

新機能

  1. 道案内読み上げ機能:状況報告の項目に、道案内が加わりました。主に、次の曲がり角までの距離、左右どちらに曲がるか、交差点の名前を読み上げます。
  2. 自動ズーム:状況報告中に、地図の拡大率を自動調節する機能です。多くの場合、現在地と次の曲がり角を含む領域が画面に収まるように拡大率を調整します。この機能を使用している間は、ダブルタップや二本指タップに対する地図の応答性が著しく低下します。地図を拡大縮小するときは、ピンチアウトやピンチインを使ってください。オートズームを使わない設定にすることもできます。
  3. 自動経路概観:目的地までの経路が表示されている場合、停止している間だけ経路全体を表示するように地図を自動でズームアウトします。移動を始めると地図のスケールを元に戻します。この機能を使わない設定にすることもできます。
  4. データのバックアップを推奨する通知を定期的に行うようになりました。データはこまめにバックアップしましょう。
  5. 簡易的なOdometer(距離計)の機能を追加しました。アプリを起動してからの移動距離の合計を表示します。ただしこれは移動痕の間の直線距離を合計したものですから、サイクルコンピュータなどが表示するオドメーターの値ほど正確なものではありません。積算距離の記録は、アプリを終了させても保存されていますが、アプリ起動時に毎回初期化する設定も選ぶことができます。
  6. 回想モードではノット間を結ぶ直線が表示されますが、通常モードでも表示できるようになりました。

利便性の向上

  1. 次の状況報告までの時間(秒)を表示するようにしました。
  2. コールアウトをタップすると、コールアウトが消えるようになりました。
  3. プレイヤーの位置に併せて地図の位置や向きを更新する際、アニメーション効果をつけるかどうかを選択できるようになりました(トラッキングアニメーション)。このオプションをオフにすると滑らかな画面更新が行われなくなりますが、デバイスへの処理負荷を下げることができます。
  4. スリープモードへの遷移を許可するか否かを選べるようになりました。従来は本アプリ使用中はデバイスがスリープしない設定となっていました。スリープ中は、半径50m有効円内に進入しても、ノットをほどけない場合があります。
  5. 進行方向に合わせて地図を自動回転させている場合、座標表示が隠れるようになりました。これは、進行方向に表示される地図の範囲をできるだけ広くするためです。
  6. 一部の難読地名の読みを補正するオプションを導入しました。
  7. 地図をドラッグしたとき、トラッキングモードを維持するか、それともトラッキング無しの状態に帰るかを選択できるようになりました。
  8. 経路探索の結果として代替経路が得られている場合、それも画面に淡色で表示するようにしました。
  9. 英語圏の音声の地域毎の違いに対応しました。例えばイギリス英語に設定している場合には男声でしゃべるようになります。アメリカ、カナダ、インドは同じ女声で、オーストラリアは若干異なる女声でしゃべります。
  10. 音声命令[AUTOMATIC ROTATION]を使うと、地図の自動回転をオンまたはオフにすることができます。
  11. 瞬間移動対応
 

仕様変更

  1. シェイクジェスチャーによるズームアウトは、音声認識を使っておらず、かつ、静止時にのみ使用可能となります。
  2. 音声命令[OVERVIEW]はウィンドノイズによって誤認識されやすいので、[ROUTE OVERVIEW]に変更しました。
  3. プローブピンが地図に刺さっている場合は、最も近いノットの方向を示す直線(アリアドネーの糸)を表示しないように変更しました。