blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
Bucephalasバージョン9.1.0の変更点
バージョンアップ履歴 | comments(0)

変更内容

  1. アプリ起動座標から100m以上離れずに止まり続けていると、速度や標高の記録をクリアする仕組みを導入。起動座標に留まり続けている間に記録されたデータも後でグラフに表示されるが、実質的に無意味なデータであるので。
  2. 位置情報サービスをオフにすると、GNSS (GPS)の活動状態を表すラベルが消えるようにしました。
  3. 満月の日は「今宵は満月が見えるかもしれません」とアナウンスすることにしました。
  4. 月齢の情報はリアルタイムに:マジックアワー推定器の示す内容を数値で具体的に表示した場合、月齢も表示されます。このとき、その日の夕刻のマジックアワーが既に終わっていると、翌日のマジックアワーが表示される仕様です(終わってしまったマジックアワーに用は無いため)。月齢の情報もそれに合わせて翌日の値が表示されるようになっていましたが、夜間にこの機能を使うときは、翌日の月齢よりも、そのときの月齢が知りたいはずです。なので、知りたい情報の方を表示するように仕様変更しました。ああ回りくどい。要するに、月の情報はできるだけリアルタイムにしたってことです。表示は「Current Lunar Age」という言い方に変えています。
  5. 身体活動量の記録を月曜日に自動初期化する仕組みのロジックの不備を修正。
  6. ディスペリングモードでは自動経路概観を行わないという仕様を廃止。ところで「自動」経路概観と言っているけれど、現状で自動ではない経路概観の機能は存在しない(前は音声命令で任意の時点で経路概観できた)。