blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
持ち物を把握する
小学生ライフマネージャ | comments(0)

余計なことは書かずに要点だけを簡潔に述べよ、と卒論の指導みたいなことを言われちゃったので、本題に入ります。
 みーちゃんのお父さん、見てますか?(それが余計)。

 小学生ライフマネージャの行事セクションのすぐ下には、持ち物のセクションがあります。
 このような配置になっている理由は、その日の行事を参照しながら、我が子に持たせる物を確認するためです。 
「お?今日は子供エイサーの全校合同練習か。えー!パーランクー持ったばー?」 
「川満先生が今日は使わんって言ってたさー」
 みたいな感じで(各地の行事・方言に脳内変換してください)。

 持ち物の分類
 小学生ライフマネージャでは、持ち物を2種類に分けて管理します。 

  1. 毎週特定の曜日に持って行く物 
  2. 毎日持って行く物 
  3. 学校から指示されたときにだけ持って行く物
 
の3種類です。 
あれ3種類?
 えーと基本的には2種類で、繰り返し必要になる物と、不定期に持って行く物に大別できます。
 で、繰り返し必要になる物が、毎週持って行く物と、毎日持って行く物に分かれるので3種類ですね。 

繰り返し必要になる物の入力
 繰り返し必要になる物を入力するには、行事のセクションで歯車アイコンをタップして、週間予定表を出してください。ちなみに今回のサンプル画面は配色設定の「白」です。 

[図:持ち物の週間予定表]

 うちの場合、週末に学校から持って帰ってきた上靴、運動靴、体育帽を、月曜日にまた持って行くことになっています。ですから、その3点を月曜日のところに入力してあります。
 それから、火曜日と金曜日にはクラブがあって、汗を拭くためのタオルを持たせることになっていました。
 ただ、3年生からクラブが変わって、タオルを持って行く必要がなくなりました。そんな場合は、火曜日と金曜日のそれぞれに登録してあるタオルの行の右端にある青丸アイコンをタップして、出てきた設定画面で「持って行かない」ボタンをタップします。
 一方、表の下の方に入力することになっている、毎日持って行く物ですが、うちの娘が通っている小学校の場合、 

  • コップ 
  • 歯ブラシ 
  • ナプキン 
  • 給食袋 
  • マスク 
  • 体操着

 を持って行くことになっています。
 では、仮にこれだけ入力して、「今日の小学校」の画面に戻ると、入力内容が表示されて…ませんね? 

[図:持ち物セクションのヘッダー行]

 はい、この日の持ち物の数だけが表示されています。 
開発の初期バージョンでは持ち物リストがいきなりずらーっと並ぶようになっていたのですが、持ち物のセクションが縦に長くなってしまうので、開閉式としました。持ち物の数が表示されている「ヘッダー」行をタップすると、詳細が表示されます。ごちゃごちゃして鬱陶しい場合は、ヘッダー行をもう一回タップすると閉じます。
 開発意図としては、毎朝この持ち物のセクションを開いて、子供が持ち物をちゃんと持ったかどうかを1つずつ確認する。ちゃんと持っていることが分かったら、左側のランドセルのアイコンをタップすると、なんとこれがチェックマークに変わります。次の持ち物を確認したら、またチェック。というように使ってもらうことを意図して作りました。 

[図:ランドセルアイコンはチェックマークとして使える]

 しかし正直な話…私自身はめんどくさくなってしまって、そういう使い方をするのをすぐにやめてしまいました。うちの娘は小学三年生なわけですが、三年生ともなると、さすがに毎日持って行く物の準備は習慣化されるので、いちいちチェックする必要性が低いことがわかりました。まあこれも先生方の日々のご指導の賜なのでしょう。先生方、ありがとうございます。ここに書くことじゃないですね。
 そうなってくると、持ち物のセクションに、コップ、歯ブラシ、ナプキン、給食袋、マスク、体操着、がずらーっと並んでいるのは何だか邪魔な感じがしてきました。そこでどうしたかというと、もう一度歯車アイコンをタップして週間予定表を表示し、毎日持って行く持ち物を片っ端から削除しました。ただ、それも何だかアレなので、「いつもの持ち物セット」という項目を、毎日持って行く持ち物のリストに加えました。そして、週間予定表で、「いつもの持ち物セット」の行をタップすると、メモが書き込めるようになるので、「コップ、歯ブラシ、ナプキン、給食袋、マスク、体操着」と書き込みました。毎日の持ち物チェックの際には、なんとなくこの「いつもの持ち物セット」を見て、気が向いたら、 
「コップある〜?」 
「持った」 
「歯ブラシは〜?」 
「持った」
 というやりとりを娘と交わす程度にしています。 
ま、この辺りは各家庭・小学校の状況や、お子さんの性格に合わせていろいろ使い方を工夫してみてくださいね。 

[図: 上 週間予定表でのメモの表示 下 持ち物セクションでのメモの表示]

メモを使って臨時情報の追加
 ところで、週間予定表で書き込んだメモは、持ち物のセクションに毎回表示されますが、持ち物のセクションで書き込んだメモは、その日だけの情報として表示されます。だからこのことを利用して、繰り返し必要になる持ち物についての臨時情報を書き込むことができます。例えば、毎週月曜日には上靴を持って行くんだけれど、諸事情で次の月曜は持ってこなくて良い、という連絡が川満先生から入ったとしましょう。このとき週間予定表そのものを書き換えちゃうと、後でまた元に戻さなくちゃいけなかったりで面倒です。そこで、持ち物のセクションで「上靴」の行をタップして、「この日は不要」とかメモを書いておけばリマインダーになりますよね。で、そのまた次の月曜からは、いままで通り上靴を持って行かなきゃいけないわけですが、週間予定表自体は書き換えていないので、「上靴」の表示が(余計なメモ書き無しの状態で)いままで通りに出てくるはずです。 

[図: この日は上靴が必要ないらしい]

  不定期に必要となる持ち物の入力 不定期に必要となる持ち物は、ヘッダー行をタップして詳細情報が表示された状態で入力することができます。持ち物を追加するときは、「持ち物を追加」をタップです。
そりゃそうですわな。持ち物を追加するのに、「空爆支援を要請」をタップだったらびっくりです。というギャグはもう書かなくていいですか? 
図工で牛乳パックを使うから持ってこい、とか、バザーに出品する物を持ってこい、とか、そんなお知らせが来たときに入力しましょう。ギョウ虫検査、とかね。入力する日を間違えないようにしてくださいね。 
うちの娘の学校の場合、ときどき給食がなくてお弁当の日ってのがあるので、「お弁当」と入力しています。このとき同時に、学校行事のセクションにも「お弁当の日」と入力しています。 

さて、情報を入力するのは、お知らせが来たときでしょうが、子供に持たせたかどうかをチェックするのは、当日か、あるいは前日くらいですよね。不定期に必要となる持ち物の欄でも、左側のランドセルアイコンがチェックマークとして使えますので活用してください。

 で、もし後から変更のお知らせがあって、持って行く必要がなくなった、とか、入力する日付を間違えちゃった、という場合は、右端の青丸アイコンをタップして、入力画面をもう一度表示してください。「今日は持って行かない」または「この日は持って行かない」ボタンをタップすると、リストから削除されます。 

[図: 今日は持って行かないボタン]

 忘れた!
上記の方法で持ち物の情報を削除できるのは、子供が学校に行く前までです。学校に行った後で「その日の持ち物」の情報を変更したって意味ないですからね。
 ただし、子供が登校したあとで、「その日の持ち物」を再確認する必要が出てくる場面があります。持って行くのを忘れちゃった場合です。
 登録してある登校時間を過ぎてから、右端の青丸アイコンをタップして入力画面を出すと、「今日は持って行かない」ボタンが、「忘れた!」ボタンに変わっているはずです。

[図: 忘れたボタン]

 「忘れた!」ボタンをタップすると、その持ち物が忘れ物のセクションに登録されます。忘れ物のセクションで、「解決!」ボタンをタップするまで、その忘れ物の情報が毎日表示されることになります。 

[図:忘れ物はこんな風に表示される]

 なお、忘れ物リストに登録できるのは、不定期に必要となる持ち物だけです。修学旅行の事前調査だとか、夏休みの宿題みたいな、後で必ず学校に持って行かなければならないようなものを登録して使っていただくことを開発者としては想定しています。
 一方、繰り返し必要になる持ち物は、忘れ物リストに登録できるようにはしてありません。
だって、繰り返し必要になる持ち物として登録する物ってのは、例えば、火曜日の音楽の時間に必要となるピアニカ、とかそんな物ですよね?それを忘れたからって、翌日水曜日にピアニカ持って行っても意味ないわけですよ。我々保護者にできることは、「次は忘れんなよ」と子供に釘を刺すくらいでしょうか。あるいは、「次からはもっとちゃんとチェックしてやろう」と自分で反省することくらいでしょうか。