blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
夏休みの宿題を特別任務として管理する
小学生ライフマネージャ | comments(0)


小学生ライフマネージャのチェック表が対象としているのは、その日のうちに完了すべきタスク(宿題・お手伝い)です。 
しかし、子供にとりくんで欲しいタスクが、その日のうちに終わらせるようなものではなく、完遂までに一定の日数を要するようなものだった場合には、特別任務表を使ってみてください。 

 …という前回の記事と全く同じ書き出しなんですが、実は夏休みの宿題ってのが、この特別任務表に向いたタスクの一つなんです。 
夏休みの宿題は、二学期が始まるまでに終わらせなければいけない、という意味では期日指定のあるタスクです。しかし、特定の日に何かを終わらせなければいけない、ということはなくて、夏休み中のどこかの時点で終わらせればいいわけです。

 我が家の場合、宿題を細々と分割して特別任務表に登録しました。例えば算数の問題だったら 

・算数問題集1 
・算数問題集2 
・算数問題集3 

といったように小単元ごとに登録していって、一つクリアする度に娘にチェックマークをつけさせました。

 特別任務表でも、チェック表と同じで、チェックマークをつける度にポイントが貯まります。
しかし、「特別任務」なんですから、チェック表のように一律1ポイントでは理不尽なので、多めのポイントがゲットできるように設定しておけます。 
しかし、夏休みの宿題で、算数の問題を1ページクリアしただけで10ポイントももらえる、というのはやりすぎです。 ですから、特別任務表で夏休みの宿題を管理している間は、取得できるポイントをチェック表と同じく1ポイントに設定してあります。 本来の特別任務を達成した場合には、またポイントを多めに設定しなさなければならないので、ちょっと面倒なんですけどね。 

 さて、このやり方で夏休みの宿題への取り組みを開始した結果どうなったか?
 我が娘は、チェック表で日常的なタスクをこなすのと同じような感覚で次々とチェックマークをつけていき…まだ夏休みが始まったばかりだというのに算数の宿題はコンプリート! 
したいひゃ〜  小学生ライフマネージャ恐るべし(自画自賛)。 

でもちょっと飛ばしすぎたせいか、失速気味なのが気になります。