blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
登下校のスケジュールを把握する
小学生ライフマネージャ | comments(0)

カレンダー画面で今日の日付をタップしてみてください。今日の小学校の情報が表示されます。 
といっても、今のところ意味のある情報はお子さんの名前だけですね。
ハスと書いて蓮くん、ですか。

では、蓮くんの小学生ライフを把握するために、まずは登下校の時間を入力しておきましょう。 歯車アイコンをタップしてください。 

[図:歯車アイコンをタップして登下校設定へ]

 一週間の登下校の時間が一覧表で表示されましたね。 
最初はデフォルトで7:00登校、15:00下校となっています。これを蓮くんちの状況に合わせて修正してください。 

[図:一週間の登下校時間]

 では、月曜から順にいきましょうか?修正したい曜日の行をタップすると、時刻設定画面になります。 
一般的な小学生にとって、朝の7時頃(学校に行く)と、午後3時頃(放課後)が生活の節目になっていると思います。それぞれの節目の時間に時刻をすぐに設定できるように、時計のアイコンを用意しておきました。タップしてみてください。
微調整はピッカーで。あのスロットマシーンみたいにぐるぐる回るやつは、黄色くないけど(?)ピッカーっていうらしいですよ。 

[図:各曜日の登下校時間を設定]

 クエスチョンマーク(?)のアイコンをタップすると、時刻が未設定の状態になります。登校時間も下校時間も未設定になっていると、その日は登校日ではないと見なされます。一般的には小学校は土日が休みでしょうから、デフォルト状態では、土日の登下校時間は未設定となっています。わたしらの頃は、土曜日も午前中だけ小学校に通ったものですが、もし土曜日や、場合によっては日曜日も学校に行くことになっている、という場合には、時刻設定をしておいてください。
 おや?蓮くんのところは、なにやら特別な事情があって水曜日はお休みですか。水曜日は連絡船が来ない?じゃあ、水曜日は登校時間も下校時間も未設定の状態にしておいてください。 

ところで、 
「登校時間てのは家を出発する時間?それとも学校に着かなければいけない時間?」 
「下校時間は学校が終わる時間かしら?子供がおうちに帰ってくる時間かしら?」 

という疑問をお持ちのあなた。胸に手を当てて考えてみましょう。答えは既にあなたのなかに… 

言うまでも無く、あなたがこのアプリをどう使いたいかによって、「登校時間」、「下校時間」を定義すればいいだけの話です。
 我が家の場合、玄関を出て「いってきまーす!」を言う時間を登校時間(出発時間)として登録してあります。これは月曜から金曜まで同じで、NHK教育のシャキーン!が終わる7:15にしています。 
下校時間(帰宅時間)は、帰りのスクールバスが停留所に到着する時間にしていて、学校から配られたタイムスケジュールを入力してあります。曜日によってずいぶん時間が違います。 

うちの様にスクールバス通学をしているとか、都内だと電車通学の小学生も多いと思いますが、そういった場合には下校時間(または帰宅時間)が把握しやすいと思います。それに対して、徒歩で通学していて、しかも帰り道にどっかに遊びにいっちゃうことが多い、なんていう場合には、下校時間(この場合は帰宅時間ですね)がはっきりしないんじゃないでしょうか。そんな場合は、適当な時間を入れておくか、デフォルトのままにするか、時刻未設定の状態にしておきましょう。でも、登校時間と下校時間の両方を時刻未設定にしてしまうと、アプリにお休みの日とみなされてしまいますのでご注意ください。 

さて、1週間分の入力がおわりましたか? 
登下校の時間を入力しただけで、「我が子の小学生ライフをマネージメントしているぞー!」という気分になってしまう私のことを単純な奴と呼んでくださっても結構です。 
では最後に、登下校時間表の下の方にある、お知らせ機能についてご説明しておきましょう。 
これは、入力してある登校(出発)・下校(帰宅)時間が近づくと、設定したタイミングで「ぴろ〜ん」とお知らせしてくれる機能です。
 出発と帰宅で別のタイミングを設定することができます。しかし、月曜日は子供が帰ってくる30分前にお知らせしてほしいけれど、火曜日から金曜日までは5分前で、というようなことはできません。 

[図:登校・下校のお知らせ機能]

 我が家の場合、朝は親子で一緒にシャキーン!を見ています。番組の最後にあゆちゃんが、「今日の指令!さんも〜んのとっくっ!」と叫んだらそろそろ出発の時間、という決まりなので、わざわざ小学生ライフマネージャにお知らせしてもらう必要はありません。ですから、出発前のお知らせ機能は使っていません。
一方、帰りについては、できるだけ私か妻がスクールバスの停留所まで迎えに行くことにしているので、下校(帰宅)時刻の3分前に「ぴろ〜ん」と鳴るようにしてあります。雨が降っていたら蛇の目でお迎えする必要もありますので。 今日の小学校の画面に戻ると、入力したばかりの登下校時間が表示されているはずです。 

画面の下の方にある、昨日・今日・明日というボタンをタップすると、わざわざカレンダーに戻らなくても日付を変えることができます。各曜日の登下校時間がちゃんと表示されるか確認しておきましょう。 

[図: 日付変更ボタン]

 これでまた一歩、(何かの)野望に近づきました。