blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
他のお勉強アプリに誘導する: IQ Boost
小学生ライフマネージャ | comments(0)
   

前の記事では、読めなかった漢字書けなかった漢字を子供に覚えさせるために、小学生ライフマネージャを暗記カード代わりに使う方法を紹介しました。何かを子供に暗記させるときには同じ手法を使う事ができますね。

しかし、もっと複雑な事をやろうとすると、やっぱり無理があります。
だからといって、小学生ライフマネージャに高度なお勉強アプリとしての機能を持たせる予定は今のところありません。
だって、よそ様が作ってくださった良質なアプリを使わせて頂けばいいんですから。

ただし、小学生ライフマネージャのチェック表を、そういったお勉強アプリへと子供を導くための入り口としては利用します。

我が家の小学生ライフマネージャに登録してあるアプリの一つが、IQ Boostです。
お勉強アプリと書いておきながら、お勉強アプリじゃないですね。でもこれが登録してあるんです。



IQ Boostは、お勉強の基礎となる能力、知能を向上させることを目的としたアプリです。
心理学業界では、「知能ってそもそも訓練で向上させられんの?」という議論があります。
こう書くと、「え?よく見かける知育とか脳力アップなんて効能を謳っている商品があるじゃない?」と思う方もいるでしょう。

でも、「知能ってそもそも訓練で向上させられんの?」という議論を、プロの心理学者が今やっている最中なんですよね。しかも、「やっぱ無理。知能は向上させられないっしょ」という陣営の方が優勢っぽい雰囲気です。

こう書くと、「え?よく見かける知育…」

まあ、世の中そういうもんですよ。

IQ Boostの宣伝文句は、

A scientifically proven brain game

です。
なんで scientifically provenかというと、Jaeggiという人達が2008年に発表した論文が元ネタになっているからなんですね。
Jaeggiさん達によれば、「もしかしたら知能が訓練で向上させられるかも」だそうです。で、Jaeggiさん達が研究の中で使った訓練方法を、iPhone上で試せるようにしたのがIQ Boostなんです。

元の論文を読むと、被験者になったのは大学生ですので、特に子供の知能を育てるための訓練という訳では無いです。

それから、訓練の前と後で知能テストをやっていて、確かに訓練後に知能テストの成績がアップしていたんですが、そんなに劇的な向上ではなかったです。
で、こういったガクジュツテキ研究では当たり前の事なんですが、「知能は高められない」陣営からの批判も出ています。
つまり、scientifically provenっていっても、元ネタは結構頼りない内容なんですよね。

ですから、このIQ Boostを我が子にやらせると、中学受験のライバルに対して大きなアドバンテージが得られる、なんてことは期待していません。
「効果が無い」ことが証明されたわけでもないですから、「もしかして…」くらいのことは思ってますけど。
ま、家庭学習を始める前の頭の体操的な位置づけで、娘にやらせています。

関連記事