blogTitle.png
p < .05 公式ブログ
Bromptonのサドル上げ輪行形態とOff yer bike
自転車/Brompton/輪行 | comments(0)
 折り畳んだ状態のブロンプトン

通勤(通学)輪行を長く続けるには、駅構内での移動を快適に行うためのノウハウを確立することが必須である、と思っています。自分自身の身体的特徴、性格特性、利用駅の状況などに応じた、極めて個人的なノウハウの確立が重要なはずです。
今までメインで乗ってきたSTRiDAやCarry meでは、私なりに一定のノウハウが得られたという実感があるのですが、最近乗り始めたBromptonについてはまだまだこれからというところ。
現状ではどうやら、上の写真のようにサドルを上に上げた状態で、サドルを掴んで押していく、というやり方が私に向いている様です。
 
ただし、このやり方だと、Bromptonをよっこいしょと持ち上げたときに、折り畳んだ車体がばらけてしまいます。そこで通常は、トップチューブと後輪に裾バンドを巻き付けて固定することにしています。
 
しかしこのやり方には大きな問題点が。
裾バンド、しょっちゅう家に忘れてきてしまうんですねw
そんなときはやむなく、サドルを下げた輪行形態で駅構内を移動することにしています。
が、よくよく考えてみると、私のM6Lには、面ファスナー(ベルクロ)付きのストラップが常備されているじゃないですか。
 
ブロンプトンのフレームに取り付けたオフヤーバイクのキャリングハンドル。面ファスナーを延ばしてタイヤに巻き付けている
Off yer bikeのキャリングハンドルの取り付けストラップです。
もしかしてこうやって使うためにデザインされてるんじゃないの?というくらいに見事にトップチューブと後輪を固定してくれました。
 
ちなみに、キャリングハンドルのストラップは、Bromptonを輪行形態に変形させる前にばらしておくのが良さそうだと感じました。
強度的にどうなのかな?という気はしますが、そういう心配があるのは裾バンドでやるときも同じですね。
裾バンドを忘れたときはこれで行ってみます。